Menu
トップページ » 初心者の方はこちらから

FX とバイナリーオプションの概要

FXを始めるに際して、まずはFXの原理を知ることが大切です。

FXは「Foreign Exchange」の略で、日本語では「外国為替証拠金取引」と呼ばれています。文字通り、米ドルや英ポンドなど外国の通貨を売買するトレードのことです。

日本円や米ドルなどの通貨間には為替レートが設定されており、両替時の指標となります。たとえば海外旅行に出かける際、日本円を現地の通貨に両替しますが、為替レートが1ドル=100円だったら1万円を100ドルと交換することができます。(手数料は除く。)

そして帰国後にそのドルを円に戻す際、もしも為替レートが1ドル=105円になっていたら、100ドルは1万500円になります。驚くべきことに、為替レートの変化によって労せずして500円の儲けを得られたことになるわけです。

このように、日々刻々と変化する為替レートを利用して差益を狙うのがFXの醍醐味です。レートが安い時に買い、高くなってから売る。あるいは、レートが高い時に売り、安くなってから買い戻す。単純作業を繰り返すだけで儲けることが可能です。100ドル程度の金額では大した利益になりませんが、FXでは所定の証拠金を担保として収めることでその何十倍もの金額のトレードを行えるため、わずかな軍資金でもまとまった収益をあげることが可能です。

また、売買取引を行わずに稼ぐ「スワップトレード」という技法もあります。二通貨間の金利差によって発生する「スワップポイント」を利用する方法で、簡単に言ってしまえば金利の高い通貨を買って金利の安い通貨を売るポジションを保有し続けるだけで、銀行預金のように利息を得ることができます。

FXには、様々なトレード手法を学ぶ面白さもあるのです。

証拠金取引について

FXが副業に最適と呼ばれる所以は、FX独自の「証拠金取引制度」にあります。

証拠金取引とは、取引口座に所定の証拠金を収めることでその何倍もの金額のトレードを行えるようになるサービスのことです。本来100万円分の取引を行うためには100万円の軍資金を用意しなければなりませんが、FXではその数十分の一程度の金額のお金さえ用意できれば取引が可能となります。この証拠金率は「レバレッジ」と呼ばれており、各FX業者の資産運用性を判断する目安として重視されます。

たとえばレバレッジ率が10倍の場合、10万円の資産で100万円分の外貨を購入できます。それはすなわち、トレードの儲けも10倍になるということ。あまり軍資金に余裕のない個人トレーダーでも短期間で莫大な利益を追求できるのは非常に魅力的です。

しかし裏を返せば、本来少額で済んだはずの損失も10倍に膨れ上がってしまうということでもあります。レバレッジはまさに諸刃の剣であり、使いどころを間違えないようにくれぐれも注意しましょう。

なお、FXには決められた価格でポジションを決済できる「逆指値注文」というシステムが用意されているので、必要以上に恐れる必要はありません。レバレッジを活用する際は、資産管理に気を付けなければならないということをしっかり肝に銘じておけば十分です。

FX業者の比較ポイントについて

現在日本国内には何十社ものFX業者が存在しています。一見どこの会社も同じように思えるため、どのサービスを選べばよいのか悩んでしまう初心者の方が少なくありません。

けれども、手数料や取引ツールなど提供されているサービス内容がまるで異なるため、適当に選ぶと必ず後悔することになります。もちろん、複数の業者に取引口座を開設するという手もありますが、資産管理が面倒になるので初心者にはあまりお勧めできません。以下の三つの点を意識しながら、自分の投資スタイルにマッチしたFX業者を探しましょう。

一つ目のポイントは、取引コストです。FXトレードの収益を一円でも高めるためには、余分なコストを減らすことが何よりも重要です。取引手数料、スプレッド(買値と売値の差額)、入出金手数料などの額をしっかりチェックし、複数の業者間で比較検討しましょう。特に短期トレードを目指す方には、取引手数料・入出金手数料が無料でスプレッドの狭い業者がお勧めです。

二つ目のポイントは、サーバーの安定性です。FXで重要なのは、リアルタイムに変動し続ける為替市場においてごくまれに訪れる絶好の取引チャンスを確実にとらえることです。利用しているFX業者のサーバーが不安定だと、自分の注文が市場に流れるまでにタイムラグが発生してせっかくの好機を逃してしまう恐れがあります。口コミサイトに掲載されているユーザーレビューを参考にして、システム性能に問題がある会社は避けた方が無難です。

三つ目のポイントは、信託保全です。FX業者は民間の会社であり、経営不振が続くと倒産する場合があります。その時、口座に預けていた自分のお金をきちんと返還してもらえるのか、前もって調べておきましょう。信託保全が万全でないような会社は信頼できないので、利用するにしても多額の資産を入金しない方がよいでしょう。

バイナリーオプションとは

バイナリーオプションは、FXと肩を並べるほどの人気を誇るネットトレードの一種です。外国為替の通貨ペアや、株式、先物など、様々な金融商品を用いて一定時間内の相場の値動きを予想します。

FXと似ているため混同する方が少なくありませんが、FXとバイナリーオプションは全くの別物です。FXの場合、基本的に保有ポジションを手仕舞うタイミングはトレーダーに一任されています。しかしバイナリーオプションでは、取引を開始した時点で終了時刻がすでに決まっています。

トレーダーは終了時刻における為替レートが現在値より上か下かを予想するだけでよく、きわめてシンプルです。極論、取引口座を開設したばかりの初心者でもコイントスのようなゲーム感覚で気軽に参戦できるのが特徴的です。

予想が当たれば所定の払戻金が振り込まれ、予想が外れれば投資金を全額没収されます。あれこれと難しく考える必要が無いので、FXの練習としてバイナリーオプションを活用しているトレーダーも少なくありません。

最近では、時間内に推移するレートの「範囲」を予想するトレードや、わずか数十秒で決着がつく超短期取引など、多彩なルールのバイナリーオプションも増えています。

ちなみにバイナリーオプションは、バイナリーオプションの専門業者だけでなく、一般的なFX業者の特別サービスとして実施されている場合があります。取扱い商品や配当金などは業者によって大きく異なるため、FX同様、利用するブローカー選びがとても大切です。

バイナリーオプションのメリット

バイナリーオプションの魅力は初心者にも分かりやすいシンプルなトレードルールにありますが、それ以外にもたくさんの魅力が存在します。バイナリーオプションが多くのトレーダーから支持されている理由を五つほどご紹介しましょう。

短時間で終了する

大半の個人トレーダーは本業を抱えているため、のん気に24時間市場をチェックしているわけにはいきません。できるだけ早くポジションを決済してトレードを完結したいのが本音でしょう。

バイナリーオプションなら、一回当たりのトレードが数分程度で終了します。短いものになると、わずか30秒で決着がつくトレードもあります。多忙な社会人でも空き時間を活用して積極的に何度も挑戦でき、資産運用性を高めることが可能です。

その分、FXのように長期間ポジションを保有して値上がりをじっくり待つ戦術が使えないという欠点もあります。FXとバイナリーオプション、両者を組み合わせた柔軟性の高い投資を実践してみるのも面白いかもしれません。

リスク管理が容易

FXの厄介な所は、トレーダーの想定を上回るほどの損失が発生する可能性がある点です。万一相場の急変動に巻き込まれると、一晩で何十万、何百万円もの損失が出てしまうことも珍しくありません。

その点、バイナリーオプションなら取引に参加する時点で、予想が的中した際の払戻金と予想が外れた際の損失額を確認することができます。リスクを把握したうえで市場に臨めるため、資産管理の苦手な投資初心者でも安心してトレードに専念できることでしょう。

相場が膠着していても利益を狙える

ネットトレードでは、時々刻々と変化する為替レートの値動きを活用して利益を追求していきます。価格が安い時に買い、高くなってから売る。あるいは価格が高い時に売り、安くなってから買い戻す。それが投資の基本であり、値動きの大きいタイミングを掴まなければまとまった収益を上げることができません。

しかしバイナリーオプションでは、値動きの少ない相場でも安定して稼ぐことができます。トレード終了時刻における為替レートが現在値より上か下か、トレード時間内における為替レートの値動きが指定の範囲内で収まるか否か、あらかじめ設定されたトレード条件をクリアすることができれば、所定の払戻金を手に入れることができます。

もちろん、相場が膠着状態の時は払い戻し倍率自体を引き下げられることもありますが、いつでも利益を狙えるのは大きな魅力です。

途中精算が可能

基本的にバイナリーオプションでは、予想が外れた場合、賭け金を全額没収されるルールになっています。しかし最近ではこの仕様が改善され、状況が不利だと感じた時は途中で市場から撤退できるようになりました。この制度を活用すれば、若干儲けは減ってしまいますが途中で利益確定したり、ロスカットして賭け金の全額損失を回避したりすることが可能です。

大変便利なシステムですが、業者によっては途中精算を認めていない所もあります。バイナリーオプションを始める前に、その業者の取引条件をしっかりチェックしておきましょう。

収支をプラスに持っていきやすい

バイナリーオプションはFXに比べて収益を上げやすいことで知られています。最終的にはトレーダー自身のテクニックによりますが、大半のトレーダーは平均で月に5~10%程度の利益率を達成しています。練習を積み重ねて勝率をあげれば、もっと稼ぐことも夢ではありません。バイナリーオプションは、ネットトレードを副業にしたい方にとって理想的なサービスと言えます。

バイナリーオプションのデメリット

いかに稼ぎやすいとはいえ、バイナリーオプションとて決して完璧なサービスではありません。トレーダー自身がしっかりリスク管理を行わなければ、FX同様、大金を損失してしまう可能性は否めません。バイナリーオプションを始める前に知っておくべき注意点をいくつかご紹介しましょう。

運任せでは勝てない

トレード終了時刻における為替レートが現在値より上か下か。このルールはコイントスの裏表を予想するようなものであり、勝率は単純に50%です。適当に賭け続けていても、確率的には2回に1回の割合で払戻金を手にすることができるでしょう。

しかし、一回当たりの払戻率は2倍に満たないため、長期間取引を繰り返せば繰り返すほど徐々に損失は広がっていきます。勘頼みのいいかげんな投資では、バイナリーオプションの世界で生き残ることはできないということです。

損失額が大きい

FXの場合、ある程度含み損が増えてきた時点でロスカットすれば、自己資産の損失を最小限に食いとどめることができます。けれどもバイナリーオプションの場合、予想が外れたら自分の賭け金は原則全て業者に持っていかれてしまいます。

一回あたりの投資金が数百~数千円程度でも、何十回と繰り返すうちにどんどん損失が拡大していきます。負けが続いてもヤケを起こさず、冷静に自己資産の管理を行いましょう。

市場分析力を問われる

バイナリーオプションは初心者向きと言われますが、安定して勝率を高めるためにはやはりチャート分析を駆使して市場の流れを読む能力が不可欠です。きちんと投資の勉強を積み重ねて、初心者からの脱却を図ることが大切です。

転載・複製は厳禁です
Copyright 2017 www.binaryoptionfx.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細