Menu
トップページ » MT5(メタトレーダー5)とMT4の違い

メタトレーダー5(MT5)とは

2011年に、メタトレーダー4の新バージョンとなる待望の「Meta Trader5」がリリースされました。メタトレーダー4と言えば、FXトレードの世界標準ツールと言っても過言ではないほど圧倒的なシェア率を誇ってきた高性能プログラムです。そのバージョンアップとあって、世界中のFXトレーダーが注目しています。

メタトレーダー5はメタトレーダー4からどのように変化したのでしょうか?メタトレーダー5の特徴をご紹介しましょう。

■改善されたポイント

・時間足の種類

メタトレーダー4には、M1(1分足)、M5(5分足)、M15(15分足)、M30(30分足)、H1(1時間足)、H4(4時間足)、D1(1時間足)、W1(週足)、MN(月足)の9種類のタイムフレームが実装されていました。

メタトレーダー5では、さらにM2(2分足)と8H(8時間足)の2種類が追加。計11種類の時間足を駆使して、より多角的に市場のトレンドを分析できるようになりました。短期派・長期派どちらのトレーダーにとっても朗報と言えるでしょう。

・フォルダ追加

ナビゲーターウィンドウにフォルダが追加できるようになりました。パソコン内のデータを整理する要領で、各種インジケーターをまとめることができます。種類ごとに整理しておけば、素早くチャート分析に適用できることでしょう。

■問題視されているポイント

・バックテスト不能

メタトレーダー5はストラテジーテスターをサポートしていません。従ってバックテストを行えず、自動売買プログラムの成果をチェックすることができません。

・フィボナッチ リトレースメントのライン変更

フィボナッチ・リトレースメントのライン表示位置が変更されました。メタトレーダー4に慣れているトレーダーはかなり面食らうかもしれません。

・互換性の問題

メタトレーダー4とメタトレーダー5では使用できるデータに互換性がありません。インジケーターやEAなどを使用するためには別途コンパイル作業が必要であり、初心者は頭を抱えることになります。

・メモリ使用量

メタトレーダー5はメタトレーダー4に比べて大量のメモリを消費します。パソコンの動作が不安定になる恐れもあり、注意が必要です。

・一部変数が使用不能

買値・売値を表示する「Ask」や「Bid」などの予約変数、チャート上の4本値を表示するOpen[0]、High[0]、Low[0]、Close[0]が使えないという問題があります。

・ポジションの自動合算

保有ポジションが通貨ペアごとに自動的に合算される仕様になりました。保険的なポジションも全てひとまとめにされてしまい、個別に決済することができません。事実上、両建ても不能であり、トレードの幅が縮小されてしまいました。


ご覧のように、残念ながら現時点ではメタトレーダー5の評判は非常にかんばしくないと言わざるを得ません。

メタトレーダー4は長年に渡って愛用されてきた完成形のプログラムですが、メタトレーダー5はまだリリースされたばかりの新作です。対応プログラムが少ないのは仕方がありません。今後開発が進んで利便性が向上すれば、メタトレーダー5もメタトレーダー4に勝るとも劣らぬほどの高性能ツールになるはずです。現時点でメタトレーダー5が使えるか使えないかを判断するのは早計と言えるでしょう。
メタトレーダー 詳細
ハイローオーストラリア 詳細
XEマーケット 詳細
転載・複製は厳禁です
Copyright 2018 www.binaryoptionfx.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細